投資していることは周りに伝えるべきか?教えても良い人と悪い人の特徴

スポンサーリンク
株式投資

こんにちは、すぐるんです。

このブログに遊びに来てくださり、ありがとうございます。

今日のテーマは

「投資していることを周りに伝えるべきかどうか」について考えてみたいと思います。

実際にこれまで私が伝えてきた人、伝えなかった人についての特徴を基にお話しさせていただきます。

投資していることは周りに伝えるべきか?

結論から申し上げます。

投資をしていることは周りの人に伝えない方が良いと思います。

人によっては勧誘、ギャンブルなどと捉えられる為です。

特に知り合ったばかりの人、信頼関係が浅い人に伝えてしまうと「自分は勧誘される為に仲良くされているのではないか?」と警戒心を高めてしまう傾向があります。

また株式投資をすれば簡単に儲かると思い込んでしまう人も中にはいます。

このブログを読んで下さっている方はご存知だとは思いますが、資産を増やすことはとても難しいです。

「簡単に増やせると思っていたのに…」と逆恨みされ、人間関係にも大きな障害になる可能性があることを頭の片隅に入れておきましょう。それがきっかけで怪しいと噂を流されて冷たい視線を浴び続けてしまう、なんてことも考えられなくはないと思います。

私が投資を始めたきっかけ。

少し余談にはなってしまいますが、私が投資を始めたきっかけについても触れておこうと思います。

投資を始めるきっかけは兄の影響でした。
私が18歳になり、大学に入学したのと同時に投資を勧めました。

以前から兄が投資しているのを身近でも見ていましたし、家族関係も良好だったので抵抗や不信感などといった警戒心は無かったです。

兄の勧めがなかったら、投資に興味を持ったとしても今でも始めていなかったと思います。

投資は1日でも早く始めた方が後々の資産作りや時間作りなどに良い影響を与えるので、きっかけを作ってくれた兄には感謝しています。

教えても良い人と悪い人の特徴

話を元に戻します。

では、どんな人には伝えたり勧めるべきなのでしょうか?

反対に伝えることを控えた方がいいという人の特徴について解説させていただきます。

投資していることを伝えても大丈夫な人

投資を伝えても大丈夫な人の特徴は

「既に投資に興味を持っている人」だと思います。

自分で興味を持っていれば、それなりに自分で調べたり情報収集をしている可能性が高いと予測できます。

その状況であれば、怪しい勧誘だと警戒されることもなくしっかりと説明を聞いて下さる方が多いと思います。

また、その場合でも伝え方は控えめに留めておいた方がいいと思います。

例えば

最近、投資に興味あるんだよねー。

すぐるん
すぐるん

そうなんだね。
自分も優待貰ってたまに外食したりしてるよー

え、株主優待やってるの?

今度教えてよ!

すぐるん
すぐるん

うん、いいよー!

また分からないことがあったら声かけてね

などといった感じで、あくまでも伝えるだけの方が無難だと思います。

何でもそうですが、無理に勧めてしまうことはよくありません。

投資は金銭的事情なども絡んできますし、最低限伝えて興味があれば相手側から教えてほしいと言ってくるまで待つようにした方がいいと思います。

伝えたことによるメリット

投資を伝えたことによるメリットも勿論あります。
自分の中で大きく感じるのではないかという部分について解説していきます。

自分の知らない知識など情報交換ができる

投資をしている人は、あまり率先して自分が投資をしていると公にはしません。
その為、投資仲間が身近にいるということはとても貴重な存在です。

普段の友人付き合いなどでは話せないような投資に関する情報交換は、自分の知らない情報を相手が持っていたり違う視線からの意見を与えてくれます。

その為、投資の幅や引き出しが増えたりすることが大きなメリットになると言えるのではないかと思います。

株主優待などに限らずお得情報が共有しやすい

投資をしている方は、お得な情報が大好きです。

例えば、キャッシュレスサービスを利用するとポイント還元を含めると支払いよりもプラスになるなど普通の人が知らない情報を得ることが出来ます。

お互いの優待を使ってお得に美味しいものを食べ、株の話をしたりするのもとても楽しそうですよね、

伝えない方がいい人の特徴やデメリット

投資をしていることを伝えない方が人の特徴は

・自分で調べたり確認ができない他人任せな人
・噂好きな人、口が軽い人

・約束やお金にルーズな人
・いつも口だけで結局行動しない人

どれか1つでも該当している人には伝えるのは絶対控えた方がいいと思います。
1つずつ解説していきます。

自分で調べたり確認がしない他人任せな人

何かと自分が面倒をみることになってしまいます。

オススメの証券会社を伝えても、資料請求や開設手続きを自ら行わず「やってくれないから」と言われる可能性があります。物事に対して他人任せな人は、投資を始めたところで結局自分では何もしない可能性が高いと思われます。

仕事でも投資でも何でもそうですが、自分で何かを調べらたり出来ない人は全て人のせいにしていまいがちです。

投資は損失を出してしまう可能性もあるので、そこについても理解や把握していない方は
「あなたのせいで損した!責任取ってよ!」と言われてしまう可能性すらあります。

自分の事も自分で何とかしようと思えない人には伝えることは控えましょう。

噂好きな人、口が軽い人

噂が好きな人であったり、口が軽い人に対しては絶対に言わない方がいいです。

伝えてしまうと、事実とは異なることで自分が噂されたりしてしまう可能性もあります。
その噂が下手に広まってしまうと、職場や友人関係などの人間関係も上手くいかなくなる可能性があります。

投資を伝える伝えない以前の問題として、信頼出来ないと思う人とは最低限に関わるのみにしておきましょう。

約束やお金にルーズな人

約束の時間にいつも遅刻してくる人、貸した物やお金を直ぐに返そうとしない人。
周りに思い当たる人はいませんか?

そういった方は、人としてもお付き合いしたいと思いませんよね。

結局あなたが何かを伝えようとしても最終的に後回しにされてしまい、気分を害される可能性があります。

人付き合いも大切にできない人には、積極的に関わることは控えておきましょう。

いつも口だけで結局行動しない人

「〇〇について教えてほしい」と自分から言ってきたのにも関わらず、後日進展を聞くと実際には何も行動していなかったという人もいます。

そういった方の特徴として、以下のような口癖の方が多いです。

・「今は忙しい」
・「また時間に余裕が出来たら」
・「お金がないから」
新しいことを始めるタイミングは、いつでも自分で作るものです。
というか、完璧なタイミングというものはどんなに待ってたとしても訪れないと私は思っています。
投資に限らず、何か新しいことを始めたいとずっと言い続けている人は多いと思います。
新しいことを始めるのは覚えたり準備することも多くたしかに大変です。
それでもずっと先延ばしにいて行動しない人と関わると、こちらのモチベーション低下してしまったり疲れてしまう要因にも成りかねないのでおススメはしません。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

今回の内容を簡単にまとめると、
自分から聞いてきた人にのみ伝え、推奨はしない
というスタンスでいた方がいいと思います。

無理に勧める必要もないですし、身内や親しい関係で理解がありそうな方なら勧めるのは良いかと思います。

人付き合いなども左右してしまいかねない情報なので、むやみやたらに公にしないことをオススメします。

すぐるん
すぐるん

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。
皆さんも無理のない資産運用をしてくださいね!

※投資は自己責任でお願いします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました