転職をして得たもの、失ったもの。後悔をしない為に考えるべきこと。

スポンサーリンク
仕事

こんにちは。
すぐるんです。

今日は自分自身の転職した回数、転職理由、転職をして何を得て何を失ったのか。
正直後悔しているのかどうなのか。

包み隠さず全てオープンにしてお話していこうと思います。
最後までお付き合いしてくだされば嬉しいです。

転職活動で得たもの、失ったもの

ここからは過去の自分に言い聞かせるように書いていきます。
また、今転職について考えていて
「もう何もかも嫌だ!辞めてやる…!」
とまで思い詰めて思考や視野が狭くなってしまっている人が少しでも踏みとどまり、冷静になって考えるきっかけになればと思っています。

得たもの

では早速、転職したことによっって私自身が得たモノについてお伝えさせていただきます。

人生の経験値

私が1番得たモノとして大きく感じたのは人生の経験値です。
正直、「苦しい」「辛い」「将来が見えない」「先行きが不安」
といったマイナスな経験値が多いです。

よく転職の理由などで使われる「スキルアップ」という言葉は残念ながら自分には当てはまらなかったような気がしています。
(※スキルアップに繋がらなかったのは、自分自身がスキルアップの為に転職をしていなかったからです。)

ビジネスマナーや接遇マナー

新卒で入社した会社はマナー研修などそういった制度はほとんどありませんでした。

むしろ直属の上司は取引先の会社の方に高圧的な態度を取ったり、無理難題を押し付けるようなタイプでした。

その後、何回か転職をしてしまいましたがその中の1つの会社からはとてもマナーを学ばせていただきました。

人に対する態度や敬意、言葉の使い方など凄く人生においても勉強になったと感じています。
今でもその立ち振る舞いを変わらず(無意識ですが)過ごしているので、周りからは
「話し方が凄く丁寧だね」とよく言っていただけます。

失ったもの

では続いて転職活動によって「失ったもの」についてお伝えします。
先にお話ししておきますが、得たものよりも失ったと感じる部分の方が私は多かったです。

仕事に対する自信

まず転職して大きいのは時間やお金の問題が多かったです。

新卒で入社した会社なら新入社員として迎えてもらえますが、中途採用の場合は採用試験に合格しても周りの同僚から

「今まで何してたの?」
「どんな仕事してきたの?」
「なにが出来るの?」

などなど必ず聞かれます。

自分は新卒で入試した会社では誰でも簡単にできる単純な業務しかやってこなかった為、努力したり何かについて深く勉強もしてきませんでした。

自己肯定感

転職を重ねるにつれて、

「何で何度も転職してしまってるんだろう」
「いい年して転々と職を変えるなんて自分はなんてダメなんだろう」
「自分はなんてダメな人間なんだ」

と常に転職してしまったという過去の決断を責め続けてきました。

何か物事が上手くいかない、歯車が狂ったと感じる度に転職したから人生の流れが変わってしまったんだ…とさえ常に感じてきました。

計画的に転職して、今よりも確実に良い未来がイメージできる人なら問題ないのですが自分のようにとにかく今の現状から抜け出したいという安易に先急ぐ決断は控えてほしいと思います。

培ってきた経験や環境

新卒で入社した会社で約5年勤めました。
5年も過ごせば、ほとんどの業務や流れが掴めてきますし自分のペースで仕事を回せるようにもなっていました。

今思えば、20代前半という年齢だから耐えられていた出来事も当時はあったような気がします。
罵倒、パワハラ、全ての仕事を押し付けられる…。
(まだまだ書ききれない程に色んなことがありましたが苦笑)

まだ若いから。新人だから。
という理由で仕事をやみくもに振られましたが、何とか1通りの仕事を覚えられたら自分の中で自信みたいなモノを感じていました。

しかし、転職して新しい環境に飛び込むということは、その経験を全て真っ白の状態に戻さなければいけません。仕事だけでなく、人間環境も何もかもです。

今まで培ってきた経験が通用しない。
上手く築いていた人間関係も新しい環境では周りに馴染むことすらできない。

まさに転職あるあるな状況に陥ってしまいました。

転職を考えている人は、環境が変われば悪い方向に人生が変わってしまう可能性があるということを忘れずにいてほしいと思います。

安定的なメンタル

「仕事に対する自信」を失えば、今度はメンタルもマイナスに向いてしまいます。

仕事から帰って家族と食事する。
休日にどこか気分転換にお出掛けしたり買い物に行く。
スポーツしたり趣味に時間を使う。
友人と遊ぶ。
好きなテレビ番組を見る。
ゆっくりお風呂に入る。

普段当たり前のようにしていることが全て億劫になってしまいます。
休日は起きて着替えもせず、ひたすら布団の中で過ごします。

時計の針が進むのを「どうか時よ止まってくれ…」などと叶わぬ願いを思いながら、何もできないまま時間が過ぎるのをただただ耐えます。

そんな状況が続けば続くほど、心は荒みます。
八つ当たりをしてしまったり、周りの人にも優しくできなくなります。

今の仕事がまだ耐えられる職場であれば、安易に環境を変えない方が得策だったと今の自分なら皆さんにお伝えしたいと思います。

まとめ

以上が私が身を持って体験した転職で「得たもの」「失ったもの」です。

今の環境にはもう耐えられない!と思いきって生活環境を整えようとしました。
しかしその結果、色んなものを失う羽目になってしまいました。

人生は1度踏み外すとなかなか簡単には軌道修正ができません。

この記事を読んでくださっている人が、自分のように転職で人生を今より悪循環に陥ることがないことを心より祈っています。

すぐるん
すぐるん

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

皆さんの人生が良い方向になることを願っています!

コメント

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました