低位株投資は初心者におススメの投資法!探し方まで解説していきます

スポンサーリンク
投資方法

低位株投資は初心者におススメの投資法! 探し方まで解説していきます

投資を始めようと思ってるけれど…

どんな銘柄を選べばいいのか分からないな…

これから投資を始める方、もしくは始めてみたはいいけれど

どの銘柄を選べばいいのか分からない方は多いと思います。

今日は、私が初心者の時にやっていた低位株投資という方法についてお話します。

低位株投資とは?

低位株って一体どんなものなの?

低位株、それは個人投資家が一番資産を増やすのに最適だと言われている投資方法です。

では、どのようか銘柄が低位株と言われているのでしょうか?

結論:約500円以下の銘柄です。

低い価格だと、20円台や30円台の銘柄もあります。

(※100円以下の銘柄も低位株ではありますが、ボロ株と呼ばれることもあります。)

低位株投資のメリット

ではなぜ、個人投資家に低位株が適しているのでしょうか?

結論:ローリスクハイリターンだからです。

メリット①:金額が低価格なので、少額の資金でも投資が可能である。

低位株は金額が低いことによって、初心者の方はリスクが少なく投資ができます。
投資を始めたての場合は経験も少ないので、その経験を積むためにもいい投資方法だと思います。

また、金額が低いので枚数も多く購入できるのはとても強みです!

メリット②:株価が上がる時は、2倍以上に大きく跳ね上がることもある。

低位株が、これまで説明してきた通りで株価がとても低いです。
その為、元々の期待値が低いため株価が爆発的に上昇することはよくあります。

そういう場合は低位株にはよくあるパターンで、倍以上になったりするケースもあります。

メリット③:もともとの株価が低い為、大きく下落する心配が少ない。

ニュースなどで株価の暴落などを目にしたことある方が多いと思います。
低位株も決して例外ではありません。

しかし、他の銘柄に比べて極めてダメージは少ないです。
その理由としては、元々の株価が低いからです。

例えば、スーパーなどで割引商品が並んでいたりしますよね?
それ以上は割引されないのと同じ原理です。

メリットのまとめ

いかがでしたでしょうか?
低位株のメリットを3点お伝えしました。

冒頭でお伝えしたとおり、リスクが圧倒的に低い投資方法なのが分かっていただけたと思います♪

クイズ

みなさんは、どちらの株価の銘柄が2倍になる可能性が高いと思いますか?

A社:株価100円

B社:株価1万円

 

 

 

 

 

 

 

答え:A社の100円です。

ではなぜA社なのでしょうか?

A社の場合

A社は株価を見てわかるように、あまり会社規模が大きくありません。
会社規模が大きくないということは、これからの成長余地が残っているとも考えられます。

また、100円の株価ということはあまり経営状態が上向いていない可能性もあります。
赤字状態が続いたり、一般的な経営状態よりも少し悪い状態かもしれません。
つまり、世間からの注目度は低くあまり期待されていないことになります。

そのような会社がもし、黒字定着したり世間を驚かす事業を発表すれば一気に注目度が高まります。

注目度が高くなれば、自然と株価も上昇気流になって上がりやすいです。

 

B社の場合

B社に関しては、株価1万円ということで大企業ということが読み取れるかと思います。
大企業であれば、会社業績も安定、株主優待や配当金を株主に還元したりしています。

世間から見れば非の打ちどころがありません。

しかし、株価に関してはそこから更に株価が倍以上になるのはかなり難しいです。
世の中をアッと驚かすような新しい事業を立ち上げたりとか、簡単には見つからないですよね。

つまり、既に大きく成長しきってしまっている会社の株価は更に大きく上昇するパターンは極めて少ないのです。

低位株投資のデメリット

メリットはよくわかったけど

逆にデメリットはないの?

勿論、低位株でもどんな投資方法にも不安要素(デメリット)は生じます。

上場廃止になる危険性もある

低位株の一番の不安要素は、やはりこれだと思います。

低位株といっても、中にはずっと経営状態が厳しく上場維持も危ぶまれている企業もあります。

勿論、財務状況などを確認していればリスク回避はできます。

低位株の中でも、株価100円以内の銘柄はボロ株と呼ばれることもあります。

銘柄選びの際は、「会社名 上場廃止」などと検索してみてリスク調査しておくのも一手です。

出来高が少ない為、値動きが少なめ。

出来高とは、1日に売買される数値の事です。

大企業などの大型株に比べて、低位株はあまり人気がありません。
その為、注目度も低く1日の出来高がかなり少なくなります。

メリットでもお伝えした通り、なにかきっかけがあれば出来高も増えて株価も変動されます。

それまでは株価があまり変動しないのは、時間的に考えてあまり効率が良くなくデメリットな部分と言えるでしょう。

低位株の探し方

低位株にも色んな特徴があるんだね!

銘柄の探し方はあるのかな?

初めて銘柄選びをする際におススメなのが

「ヤフーファイナンス」です。

まず、ヤフーファイナンスのトップ画面を開いてみて下さい。
その左側の縦長の項目に出来高という項目があると思います。
その中の『時価総額下位』という箇所をクリックしてみて下さい。

時価総額下位からのランキングにページが切り替わったと思います。

このランキングで、おおよそ時価総額6000程度を探してみるのが良いと思います。
その金額あたりで、自分なりに業績であったり将来性を調べてみましょう。

その際、毎日の出来高が極端に少なくない銘柄を選ぶようにしましょう。
以上が初心者でも簡単に検索できる低位株の銘柄探し方となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

低位株投資の基本的な内容をご説明させていただきました。

これから投資を始めようと思っている方や、始めたばかりの方は是非試してみてください。

すぐるん
すぐるん

すぐるんも最初は低位株投資からスタートしました。
是非一度、試してみてくださいね♪

コメント

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました