年収300万円が少ないと感じたら、始めるべき副業を第7選で紹介。

スポンサーリンク
人生
この記事は約5分で読めます。

今の時代、税金は上がってもお給料は上がらないですよね。
貯金もしたいけど、それもなかなか出来ないの多くの方が抱えている悩みだと思います。

それでも、転職が必ずしも良い方向へ転がる保証もないので不安は募ってしまいます。

そんな時は、自分で稼ぐ方法を探すなど新しいことに挑戦してみませんか?
これまで筆者が実際に行ってみたこと、今後挑戦してみたいと思っていることをご紹介させていただきます。

プログラミング

実際に筆者が現在挑戦していることです。

会社のホームページを作成したりします。
IT時代の現代において、これからまだまだ需要がある分野となっています。

専門分野の知識が必要となるので、それなりの勉強期間を掛けて継続的に学び続ける必要があります。

20代の方であれば、思い切ってIT業界に転職してしまうのもアリです。
その理由とメリットをお伝えします。

・20代であれば、未経験でもIT業界に入りやすい
・仕事中もプログラミングの勉強になるので、学習が継続しやすい。
・スキルを身に付けたら、フリーランスや転職などしやすい。
・年収高めを目指すことが出来る。
20代であれば、専門的なIT業界でも未経験として求人もあります。
そして仕事もプログラミング関係の仕事をする為、就業中も自分の知識を高めることができます。
また、IT業界は需要が飽和状態です。
フリーランスを目指したり転職もしやすく、収入アップも狙いやすいと言われています

動画編集

すぐるん
すぐるん

実は今、動画編集とYouTubeは1番挑戦したいことです!

筆者は今、プログラミングを学習中と書きましたが
動画編集とYOUTUBEは凄くやりたくて近々始める予定です!

今はスマートフォンさえ用意できれば、編集アプリも無料で使えるためリスクなく始められることができます!

必要なのはヤル気と労力だけで費用は掛からないので、リスクは無く始めたい方にはピッタリなのではないでしょうか?

また、動画編集などのスキルは注文者に気に入っていただければリピートしていただけることも多いらしく安定した収入に繋がる可能性も高そうです。

youtube投稿

すぐるん
すぐるん

動画編集の項目でも書きましたが、
近々始める予定だよ!

YouTubeはオワコンだとか芸人さんも入ってきているのでチャンスがないと言われていることが多いです。

でも、正直まだまだチャンスはあると思います。

その理由として、視聴者によって好みが異なったりニーズが違う点です。
テレビであれば、限られた番組から視聴することになりますが、YouTubeは違います。

自分の投稿した動画を気に入ってもらい、チャンネル登録をしてもらえればリピートして貰える可能性は十分にあります。

また動画編集のスキルが自然と身に付くため、収益にならなかった場合は動画編集にシフトチェンジすることも可能です!

YouTubeも動画編集も、どちらもスマートフォンなどから手軽に始められるのがいいですよね。

株式投資

株式投資は、筆者はよく他の記事で紹介させていただいています。
解説し過ぎると、かなりの長文になってしまいますので簡潔に説明します(笑)

株式投資は、生活するうえで最も大切なお金を運用します。
投資資金が必要となったり、運用を始めたばかりの頃は損をするのが付き物です。

しかし、株主優待や配当金を貰うこともできます。
まずは優待狙いの投資から始め、資産運用について興味を持てば勉強することをオススメします。

株式投資をするメリットは、お金や色んな会社の情報を幅広く学べることです。
興味があれば、別記事で投資について書いているので是非覗いてみてください。

せどり・メルカリ

中古ショップなどで、掘り出し物を探してメルカリなどに出品します。
筆者も5年程前に挑戦しました。

何が売れるのか、どんな商品を仕入れればいいのか分からず在庫が残ることも多かったです。
また、せどりはスキルではなく労働力や行動力が必要となります。

住んでいる地域にも仕入れ事情が変わったりするので、しっかりと調査が必要となります。

またメルカリ販売の際には、筆者は「Ali Express」というサイトで仕入れていました。
日本でいう楽天市場の中国版とイメージしてください。
1つの商品はとてもお値打ちなのですが、購入してから手元に届くまでに3~4週間掛かることが多かったです。

覆面調査

覆面調査という言葉を聞いたことはありますか?

話題のお店に行き、口コミの投稿などで評価をしてキャッシュバックをいただくというシステムになります。

お店に行った後、3日以内程度でレビューを書く必要があります。
それでも外食に行けて、食費が削ることができるのは魅力ですよね。

還元率はお店によってことなりますが、30%~50%のお店が多い印象です。
筆者は「fancrew(ファンくる)」というサイトを使用しています。

クラウドワークスやココナラでスキルを販売

これまで紹介してきた、プログラミングや動画編集のスキルを身に付ければ定期的に大きな収入を得る事が可能です。

クラウドソーシングやココナラでは、それらのスキルを必要としている方がいます。
実績を積み重ねていけば、好条件のお仕事も貰いやすくなる傾向が高いと言われています。

専門的な知識がなくても、お話相手や相談相手などの時間単位でも募集を掛けることが可能です。

他の投稿者さんの依頼を見て、自分にも出来そうだなって思った部分から挑戦していくのもアリだと思います。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

生きていく、生活をしていくうえでお金は切っても切れない関係です。
現状の収入が少ないと感じている方、もっと収入アップを目指してみたい方は挑戦してみるのもいいかもしれません。

すぐるん
すぐるん

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
皆さんのお役に少しでも立てたら嬉しいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました