初心者にもわかる優しい株の始め方。ネット証券を開設してみましょう

スポンサーリンク
投資方法

初心者にもわかる優しい株の始め方。ネット証券を開設してみましょう!

株を始めてみたいんだけど、
まずは何から始めたり準備すればいいのかな?

すぐるん
すぐるん

最初はさっぱり分からないよね!
僕もそうだったよ。分かりやすく解説していくね!

 

株を始めるといっても、スマートフォンにアプリを入れるだけでは利用できません。
何から始めればいいか分からない方向けに、分かりやすい記事を書いていきます。

証券口座を開設する

まずは、証券口座を開設する必要があります。
銀行にお金を預けたり、引き出すには通帳が必要ですよね。
証券口座は、株のための通帳と考えていただければ大丈夫です。

まずは証券会社のホームページにアクセスする

すぐるん
すぐるん

まずは、証券会社のホームページにアクセスします。
どこの証券会社でも大丈夫です!!

初めての方は、取引手数料が安かったりスマートフォンのアプリなどで使いやすい「松井証券」「楽天証券」をオススメします。
(※もちろん、これ以外のどこの証券会社でも大丈夫です!)

ホームページを開くと、どこの証券会社でも「口座開設」というボタンがあるので、そこから申請を行います。証券会社によっては、オンライン申請や書類郵送と選択できることもあります。
こちらはご自身がやりやすい方法を選択してください。

すぐるん
すぐるん

次は必要事項に沿って、入力フォームを埋めていきます!

次は申込フォームに沿って、氏名や住所など必要事項を記入していきます。
「運転免許証」や「マイナンバーカード」などの本人確認書類も必要となります。

開設口座は「特定口座 源泉徴収あり」を選択する

証券口座を開設するとき、3つのタイプから選択する項目があります。

☑ 一般口座
(自分で損益などを全て計算し、確定申告や税金を納めます。)

☑ 特定口座(源泉徴収なし)
  (証券会社が1年間の損益を自動計算。確定申告や納税は自分で行います)

☑ 特定口座(源泉徴収あり)
(証券会社が売買損益を計算。確定申告や納税もしてくれます)

このように、一般口座と特定口座(源泉徴収なし)の2タイプは確定申告や納税手続きを自分で行う必要があります。特定口座(源泉徴収あり)のタイプを選んでおけば、自分で行う作業が無くなります。迷わずこのタイプを選択しておきましょう!

証券口座に入金する

証券口座から、開設の書類が届いたら口座開設完了となります。
ログインIDやパスワードなど、自分が覚えておきやすいものに変更しておくのがススメです。
忘れてしまわぬようにメモしておきましょう!

実際に証券会社にお金を入金してみましょう!

では早速、実際に口座開設した証券会社にお金を入金してみましょう。
銀行やATMに行かなくても、インターネットバンキングから入金が可能です。

入金する際、「いくらくらい入金すればいいの?」と迷う方もいると思います。
証券会社への入金は〇〇円以上と決まったルールはありません。
自分の余裕資金で、無理のない金額を入金するようにしましょう!

参考程度に、いくらの資金で買える銘柄がどのくらいあるのか簡単にご紹介しておきますね!

・5万円以下で買える銘柄
約450銘柄

・10万円以下で買える銘柄
約1200銘柄

5万円~10万円の金額でも、買える銘柄はたくさんあります!
背伸びをしない、無理のない投資から慣れていくのがおススメです。

買いたい銘柄を選ぶ

証券会社に入金が出来たら、準備完了です!
早速、自分が買いたい、欲しいと思う銘柄を選んでみましょう!

初心者の方におススメなのは、自分に馴染みがあって無理なく買うことができる銘柄がおススメです。少し例を挙げさせていただくとしたら…

※2020年9月22日時点の情報です。

☑ イオンモール
149,000円(株主優待あり)

☑ 吉野家ホールディングス
205,200円(株主優待あり)

☑ オートバックスセブン
142,700円(株主優待あり)

☑ DCMホールディングス
134,700円(株主優待あり)
※カーマの会社です

☑ ヤマダ電機
52,700円(株主優待あり)

この辺りの企業であれば、全国展開もされているため利用したことがある!という方も多いのではないでしょうか?また、紹介させていただいた会社はどれも株主優待を貰うことができます!
お得にお買い物をしたい、優待というものを貰ってみたいという方には知名度も高く安心してオススメできる銘柄だと思います。

実際売買してみる

欲しい銘柄が決まったら、実際に売買の注文をしてみましょう。
買うとき、売るときには「成行(なりゆき)」、「指値(さしね)」という2種類の注文方法があるので解説させていただきます。

成行注文(なりゆき)とは?

成行注文とは、「今すぐこの銘柄が欲しい」という場合、注文をした時点で買うことができる注文方法です。直ぐに買うことができる反面、思ったよりも高い金額で購入してしまった、ということにもなるのであまりお勧めはしません。成行注文をされるときは、そこを踏まえた注意が必要です。

指値注文(さしね)とは?

指値注文とは、成行注文とは異なり「買いたい価格」で買い注文を予約する方法です。
この銘柄が欲しいけど、あと少し下がってから買いたいという時に利用することが多いです。
勢いに任せて買わずに、気長に自分の買いたい金額で購入できます。

すぐるん
すぐるん

すぐるんの売買方法は、いずれも指値注文を行うことが多いよ!
焦って取引することは禁物なので、冷静になって取引しよう。

株が取引きできる時間帯について

株が取引きできる時間帯について説明します。
学校や仕事にも時間割や営業時間があるように、株式市場にも取引時間があります。
一覧にまとめましたので、参考にしてみてください。

・取引が可能な曜日
月曜日~金曜日
(12月31日、1月1日~3日、祝日を除く)

取引可能な時間帯
9:00~11:30(前場)
12:30~15:00(後場)
(※12:00~12:30は休憩となります。)

※実際に売買できるのは、この時間帯になりますがネット取引であれば注文などはいつでも24時間可能です。(証券会社のメンテナンス時間を除く)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

簡単ではありますが、証券会社の口座開設から取引までの流れをご説明させていただきました。
皆さんのお役に立つことができれば幸いです。

すぐるん
すぐるん

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!
皆様の投資家デビューを心より応援しています!

 

コメント

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました