IPO新規BB!交換できるくん、東京通信、東和ハイシステム、SANEI

スポンサーリンク
IPO

こんにちは、すぐるんです!

今週も折り返し地点ですね。
まだまだIPO申込みが間に合う銘柄があるので早速ご紹介していただきますよー(*´▽`*)

交換できるくん

「インターネットを利用した住宅設備機器の販売」で、東証マザーズ上場の小型案件(想定時価総額41.0億円、吸収金額7.6億円)です。

業種小売業
上場市場東証マザーズ
主幹事5BI証券
上場日2020年12月23日
ブックビルディング申込期間2020年12月8日~2020年12月14日
公募株数100,000株
売出株数302,500株
ベンチャーキャピタル心配なし
ロックアップ心配なし
取扱証券会社SBI証券(ポイントが貯まります)
SMBC日興証
楽天証券(後期型)
岩井コスモ証券(後期型)
エイチエス証券(前受金不要)
むさし証券(前受金不要)
エース証券
極東証券
東洋証券
藍澤證券
水戸証券
あかつき証券
DMM証券(前受金不要)
ライブスター証券
会社ホームページhttps://www.dekirukun.co.jp/co/

SBI証券が主幹事とは嬉しいですね。
現場調査無しで見積もり発行など、コロナ禍における今だからこそ需要があるかもしれません。

業績も順調に右肩上がりとなっており、公開規模も小さめなので初値ではしっかり利益が取れそうな銘柄です。

当たれば…の話ですがΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン ← 一番難しいですよね…w

東京通信

「アプリ事業、広告代理事業、その他」で、東証マザーズ上場の中型案件(想定時価総額61.7億円、吸収金額14.4億円)です。

業種サービス業
上場市場東証マザーズ
主幹事野村証券
上場日2020年12月24日
ブックビルディング申込期間2020年12月8日~2020年12月14日
公募株数610,000株
売出株数540,000株
ベンチャーキャピタル心配なし
ロックアップほぼ90日間の日数制限
取扱証券会社野村証券(前受金不要
みずほ証券(同一資金申込が可能)
マネックス証券(平等挑戦)
SBI証券(ポイントが貯まります)
楽天証券(後期型)
松井証券(前受金不要)
岩井コスモ証券(後期型)
いちよし証券
会社ホームページhttps://tokyo-tsushin.com/

スマホアプリや広告代理事業に携わっているので、人気化しやすそうなイメージですね!
業績も右肩上がり、ロックアップもしっかりしているのでそれなりの上昇が期待ができます♪

主幹事は野村証券なので、倍率はかなり高そうです…Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

24日にはグローバルインフォメーションが上場ですが、こちらの銘柄の方が部がありそうです。

東和ハイシステム

「歯科医院向け統合システム(電子カルテ・レセプト・各種アプリケーションなど)の開発・販売」で、JASDAQスタンダード上場の中型案件(想定時価総額47.3億円、吸収金額10.0億円)です。

業種情報・通信業
上場市場JQスタンダード
主幹事野村証券
上場日2020年12月25日
ブックビルディング申込期間2020年12月9日~2020年12月15日
公募株数200,000株
売出株数260,000株
ベンチャーキャピタルなし
ロックアップ価格制限無し
取扱証券会社野村証券
SMBC日興証
みずほ証券(同一資金申込が可能)
SBI証券(ポイントが貯まります)
楽天証券(後期型)
会社ホームページhttps://www.towa-hi-sys.co.jp/

歯科の総合カルテシステムというのはまた面白そうな銘柄ですね!

歯科でも少し系統が違いますが、3,4年程前に「歯愛メディカル」が上場しました。
たしかその時はD判定だったのですが、上場後にしっかりと上場し40万円前後から100万円を超える株価になったことを思い出しました。(記憶が間違ってたらすみません…orz)

業績も横ばいで堅実なので、今後にも期待できる銘柄ですね!

SANEI

「給排水器具などの製造販売」で、東証2部上場の小型案件(想定時価総額45.5億円、吸収金額10.8億円)です。

業種機械
上場市場東証二部
主幹事大和証券
上場日2020年12月25日
ブックビルディング申込期間2020年12月10日~2020年12月16日
公募株数260,000株
売出株数269,000株
ベンチャーキャピタル無し
ロックアップ全株主180日間、価格解除なし
取扱証券会社大和証券
SMBC日興証
野村証券(前受金不要)
三菱UFJモルガンスタンレー証券
SBI証券(ポイントが貯まります)
auカブコム証券
DMM証券
会社ホームページhttps://www.sanei.ltd/

給排水器具等の製造販売、東証二部ということで地味目な銘柄な印象です。

将来性を考えるとあまり先が見えにくい部分もありますが、IPOという目線で見れば公開規模も少なくロックアップもしっかりしているので割安さを感じられる銘柄かもしれません。

この条件なら公募割れの心配も無さそうです!

まとめ

交換できるくん、東京通信、東和ハイシステム、SANEIについて会社情報を見てみました。

この時期はIPOラッシュ本命なので、ブックビルディングの申込みだけは忘れずにしておきましょう!

SBIチャレンジポイントは、この時期たくさん溜めるチャンスです。

すぐるん
すぐるん

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

皆さんのIPOが当たりますように!!

平等抽選のマネックス証券はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました