サイバーリンクスが決算発表で増配・分割を発表!株主優待は廃止です。

スポンサーリンク
株式投資

サイバーリンクスが決算発表で増配・分割を発表! 株主優待は廃止です。

本日の株式市場取引後、サイバーリンクスが決算発表を行いました。

材料としては

・増配
・分割
・株主優待の廃止
・自己株式取得の中止

などが発表されました。

早速、決算内容を見ていきたいと思います。

決算内容について

サイバーリンクス <3683> が11月13日大引け後(15:30)に決算を発表。20年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結経常利益は前年同期非連結比56.7%増の7.3億円に拡大した。
併せて、通期の同利益を従来予想の6.4億円→9.4億円(前期は4.6億円)に46.9%上方修正し、増益率が39.1%増→2.0倍に拡大し、5期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。

会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した7-12月期(下期)の連結経常利益も従来予想の1.5億円→4.5億円(前年同期は1.7億円)に3.0倍増額し、一転して2.6倍増益計算になる。

業績好調に伴い、期末一括配当を従来計画の16円→20円(前期は16円)に増額修正した。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(3Q)の連結経常利益は前年同期非連結比37.8%増の2.4億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の7.0%→7.9%に改善した。

https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20201113-00000535-stkms-stocks
決算の業績については、誤った情報を届けない為に全て引用させていただきました。
ご理解とご了承をお願い致します。

すぐるんの見解

なぜこのサイバーリンクスの決算をブログ記事で取り上げさせていただいたのか。
実は先月上旬頃から200株を保有しておりました。

そして、念には念をという形で万が一のリスク回避をして昨日売却していました。
きっと決算は良いんだろうなぁ、と思いながらも本日の決算はとても気になっていたのです。

自分なりに決算書を読んだところ、売上は下がっても利益は上がっています。
そして「案件受注について一部の進捗は進んでいるものの、一部を除き業績への貢献は来期となる見通し」と記載があることから、来期に対しても期待が持てるので安心して買えるのではないかと思います。

また経常利益も過去最高を更新していると発表されており、文句のつけようがない好決算なのではないでしょうか。

それに加えて、今回の決算でサプライズだったのが以下の3点です。

・分割
・増配

・自己株式の取得の中止
これらのニュースはどう解釈したらいいのか、解説していきます。

分割について

株価が上がると個人投資家には手が届きにくくなります。
その為、株価を分割することで流動性を図り、個人投資家にも売買しやすくする目的があるのです。

企業側としても株主を増やしたいというメリットがある為、双方にとってデメリットはありません。

もともと株を保有していた場合、保有枚数に応じて自動的に分割されるのでそのまま保有して問題ありません。

増配 ⇔ 自己株主取得の中止

増配とは、これまでの配当金が上がるということになります。

それと同時に自己株式の取得中止も発表されました。

普通だったら、自己株式の取得中止はあまり良くないパターンが多いのですが今回のサイバーリンクスはポジティブ材料です。

会社が出したIRニュースでは

当社の株価が上昇基調で推移し、また直近では急激に上昇したことで、計画通りの取得が実施できないと判断した。

と記載されています。つまり、株価の上昇が想像以上に順調に進んだことによる自己株式の取得中止と捉えられます。

自社株取得の目的は株価下支えもありますが、配当を増やすのが1番の目的でした。それをする必要がないということになります。

長年投資をやっていますが、このようなIRニュースはあまり記憶に無くかなりポジティブなことではないかと思います。

株主優待の廃止についてはどう捉えるか?

では、残り1つの「株主優待廃止」のIRニュースはどう捉えるべきなのでしょうか?

これについても、普通であればマイナスポイントになる可能性が高いです。

しかし、今回は「配当金による直接的な利益還元を充実することがより適切であると判断」と株主の利益の為によう優待廃止とこちらもポジティブに読み取ることができます。

株主優待を廃止して増配を行うということになりますので、優待好きな人には寂しいニュースですがマイナス要素にはならないのではないかと考えられます。

総合的にみて今回の決算はどうなのか?

各ニュースでもサプライズ決算と取り上げられているように、文句の付けようがない好決算だったと思います。

年内での2分割とありますが、それまでに株価の更なる上昇・分割後もそう遅くない段階で現時点の株価には自然と上がっていくのではないしょうか。

(※個人的な見解なので、買うことを推奨している訳ではありません。)

私自身も、リスク回避をして一旦売却はしましたが調整などしているタイミングでまた買いなおしていければいいなと思っております。

サイバーリンクスの未来はとても明るいものであると思いました。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

今回発表されたIRについて自分なりの見解をお話させていただきました。

サイバーリンクスに興味を持たれた方は、是非ご自分の目でも決算資料を読んでみてください。

最初は読むのが難しいと思うかもしれませんが、「何となく良さそうなことが書かれているのかな」と感じられるかもしれません。

有益ブロガーさんは沢山いらっしゃいますが、株価にしても他の情報にしてもまず自分の目で確かめる、ということをしてください。

そうしないと情報を鵜呑みにしていまい、後々自分の首を絞めることにもなりかねません。

 

すぐるん
すぐるん

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

皆さんの投資に少しでもお役に立てれば幸いです♪

※投資は自己責任でお願いします。

コメント

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました