初心者におススメな投資法!分散投資でリスクを軽減させて運用しよう

スポンサーリンク
株式投資

初心者におススメな投資法! 分散投資でリスクを軽減させて運用しよう

こんにちは、すぐるんです。

今日は「分散投資」をおこなべき理由について解説していきます。

分散投資の内容、メリットやデメリットなどしっかりと解説していきます。
せっかく投資して資産を増やそうとしてのに、マイナスになってしまったということがないように筆者の経験談も交えて解説していきます。

これから投資を始める方には、しっかりと理解して投資を楽しんでほしいと願っています。

分散投資とは?

分散投資という言葉を聞いたことはあるでしょうか?
その名前の通り、資産を分散させて投資をするという手法になります。

自分の投資資金を1点に集中させるのでなく、2点、3点と分散させていくのが分散投資と言われています。

なぜ分散投資をした方がいいのか?

分散投資をする理由としては、「リスク回避」をする為です。

たとえば、あなたが100万円もっているとします。

その銘柄を1つの銘柄に全て掛けるのは、やはりリスクが大きいです。

例えば競馬で、万馬券狙いで全財産を使ってしまうようなものです。

初心者のうちは限られた貴重な資金となりますので、バランスよく運用することを心掛けましょう。

また分散投資をしていば、精神的にも大きく動揺することを抑えられるというメリットがあります。

大きく動揺しないとは、どういうことか説明します。

先程のように、100万円でA社という銘柄を購入したとしまう。

少しずつA社の株価が下がり、95万円、90万円…80万円代に下落してしまったと仮定します。

初心者の場合は特に、「ヤバい…どうしよう…」とパニック状態になり気が気ではなくなります。

そうした事態を防ぐためにも、分散投資をしていれば精神的な負担も軽減できます。

他の銘柄を複数保有していれば、どれかがマイナスになったとしても他の銘柄でプラスマイナスOの状況になる確率も十分にあります。

その為、状況判断になれるまでは(慣れてからも)分散投資を心掛けましょう。

資金別:どのくらい分散すればいいか?

では実際にどのくらいの資金だったら、どのくらい分散すればいいのでしょうか?
皆さんが一番気になる部分だと思うので、早速解説していきますね。

注意:あくまでも例えになりますので、柔軟に自分の投資スタイルを作り上げていって下さい。投資は自己責任になりますので、最終的な判断は自分で行うようにしましょう。

今回は10万~100万円の資金を基準に考えていきます。
ざっくりですが、多くても3銘柄に分散と考えていただければと思います。

資金10万の場合

分散投資といっても、10万円以上の株価が多いのが現実です。
筆者であれば、1銘柄に絞ります。
その理由として、10万円では投資金額が少額な為です。

10万円が資金力となっている場合、まずはゆっくり慣れていきましょう。

10万円の場合
※1銘柄集中か2銘柄に分散
 

(例)
・5万円以下×2銘柄
・10万円×1銘柄

資金30万円の場合

30万円もあれば、分散の幅も広がります。
筆者であれば1銘柄か2銘柄に絞ります。

ただ今回の記事に関しては、投資に慣れていない方向けの記事向けです。
筆者なりの考えをまとめたので、参考例を挙げさせていただきます。

30万円が資金の場合
※2~3銘柄に分散
(例)

・10万円以下×3銘柄
・15万円以下×2銘柄
・20万円以下+10万円以下の2銘柄

勿論、無理して購入する必要はありません。
欲しい銘柄がない場合は使わないで温存しておくのも一手です。
※以下の金額にも当てはまります。

資金50万円の場合

50万あれば、少し大きめの銘柄を狙っていくこともできます。
筆者であれば、ここでも1~2銘柄に絞ります。

ここでも、できれば分散銘柄は2銘柄~3銘柄にしましょう。
もしくは20、30万円代の1銘柄を買って、残りの資金は取っておくというやり方もOKです!

50万の場合
※2~3銘柄に分散(例)
・10万円以下の銘柄+20万円以下×2銘柄
・25万円以下の銘柄×2銘柄
・30万円以下の銘柄+20万円以下の銘柄

資金100万~

100万円あれば、大型株を複数でも分散が可能です。
筆者であれば、2銘柄~3銘柄で運用します。
しかし、着実に運用するためにはもう少し分散してもいいかもしれません。
最大5銘柄までに分散しましょう。

仮に10万円×10銘柄でも問題はありませんが、あまり資産を増やしにくく効率が悪いのが理由です。

100万円の場合

(例)
・50万円以下の銘柄×2銘柄
・30万円代の銘柄×3銘柄
・25万円以下の銘柄×4銘柄
・20万円以下の銘柄×5銘柄

まとめ

いかがでしたしょうか?

もちろん、筆者が書いたパターンが全てではありません♪
1つの参考の目安にしていただければ幸いです。

すぐるん
すぐるん

リスク回避を行い、少しゆっくりなペースになったとしても
着実な資産運用をしていきましょう!
投資に焦りは禁物です。

※投資は自己責任で行いましょう。

 

コメント

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
タイトルとURLをコピーしました